動物病院、トリミングサロン、ドッグカフェなどペットに関するスポットをご紹介するポータルサイトペットSpotAlbum(スポットアルバム)♪

ペットSpotAlbumTOP >コラム一覧

コラム【飼い主の心得について】一覧

飼い主の心得について

飼っている犬が小さいから、躾ができていておとなしいからと、リードをつけないで散歩をしている飼主さんがおられます。これは、命綱をつけないで登山しているのと同じくらい危険です。また、犬が怖い人や弱者への配慮も忘れないで下さい。もちろん、猫にもリードをつけるようにしましょう。
外での排便は必ず飼主が家に持って帰りましょう。
飼い主の最低限のマナーです。

排泄物や抜け毛の掃除にも気を配りましょう。特に人・動物とも排泄物は寄生虫感染の原因となります。犬の散歩など屋外での排泄の後始末は必ず飼主さんがし、お家に持って帰って処理しましょう。
また、周囲への配慮を常にするように心がけます。ビニール袋・ティッシュペーパー・スコップ・排便処理専用のグッズなど飼主さんが一番処理しやすい方法でお家に持って帰ってください。飼主さんが毎日、便の状態をチェックでき、動物の健康状態がわかることにもなります。くれぐれも、処理道具は持っているけど、持っているだけ・・・・なんてことのないようにお願いします。

猫を自由に外出させることは、この最低限のマナーも守っていないことになります。あなたの猫が他人のお家で“ウンコ”をするのです。
社会の中で生活するために、動物のしつけは大切なことです。
特に犬の場合は、しつけが大事になります。家族の一員としていっしょに暮らしていくためにしつけの必要性を理解してください。
猫の場合は勝手に外に出ないよう習慣づけてください。人にとっても、猫にとっても安全であることを考えてください。
どんな動物も一度飼い始めたら最後まで大切に世話をしましょう。
毎日、思いやりをもって動物と接し、動物が一生を全うするまで世話を続けてください。動物を飼うことは可愛がればいいことではありません。健康管理をし、毎日愛情をもって育て、最後まで世話をすることです。そのために飼う動物に必要な知識を学び、動物を理解してあげてください。飼主さんの時間が犠牲になるかも知れません。それでも、飼い始めた動物のために世話を続けてください。
動物のウンコは公衆衛生上、飼主が速やかに処理しましょう。公園など公共施設では子供たちも遊んでいます。寄生虫などの感染を予防するためにも必ず守りましょう。
他所のネコチャンがあなたのお庭にウンコをしたらどうしますか?みんなが迷惑しています。
動物は“モノ”ではありません。一度飼ったら最後までお付き合いしましょう。まず、飼えるかをよく考えて、衝動的に飼うのはお互いに不幸です。

 
執筆者一覧
美濃部 五三男
美濃部 五三男
(大阪府・吹田市)
美濃部 五三男
美濃部 五三男
(大阪府・吹田市)
美濃部 五三男
美濃部 五三男
(大阪府・吹田市)
久山 昌之
久山 昌之
(東京都・豊島区)
美濃部 五三男
美濃部 五三男
(大阪府・吹田市)
美濃部 五三男
美濃部 五三男
(大阪府・吹田市)
美濃部 五三男
美濃部 五三男
(大阪府・吹田市)
奥田 英令
奥田 英令
(大阪府・大阪市住吉区)
吉内 龍策
吉内 龍策
(大阪府・大阪市平野区)